仲島正教 なかじままさのり

26年間の教師生活の中で出会った多くの子どもたちや大人たちとの
「つながりと感動」の体験をもとに、学校・家庭・地域における大人の役割や
人権教育の大切さを語る教育者。

「人権教育は難しい」というイメージが「人権教育は身近で温かいもの」に変わっていく。

 

職業/現職 教育サポーター
生年月日 1956年

略歴

大阪教育大学を卒業後、兵庫県西宮市で小学校教師を21年間勤め、その後西宮市教育委員会人権教育室指導主事、学校人権教育課係長を5年間務めた後、2005年3月に48歳で退職。
2005年4月より、教育サポーターとして、「授業づくり」や「学級づくり」等の教師向けセミナーを開くかたわら、講演活動は北海道から沖縄まで全国各地にわたり、人権教育講座やPTA講演会等で「人権教育」「子育て」「地域づくり」をテーマに年間200回を数える。
若手教師応援セミナー「元気塾PLUS」代表。
尼崎市教育委員会 教育委員。
西宮市家庭教育振興市民会議 議長。

講演テーマ

著書・出版物

著書には、「教師力を磨く~若手教師が伸びる10のすすめ~」(大修館書店)がある。
また「月刊体育科教育(大修館書店)」の“巻末エッセイ”を連載中である。

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678