古賀稔彦 こがとしひこ

世界を獲った・獲らせた男、その生き方から学ぶ

 

職業/現職 柔道家
生年月日 1967年
出身地 佐賀県

略歴

1967年佐賀県出身。中学に進学と同時に上京、東京・世田谷の「講道学舎」に入門し、
弦巻中学、世田谷学園高時代に数々の全国大会を個人・団体戦で制覇。

日本体育大学進学後"平成の三四郎"の異名をとり、87~92年全日本選抜体重別
選手権をはじめ、89年・91年の世界選手権を連覇。

92年のバルセロナ五輪では、大会直前の大ケガを背負いながらも金メダルを獲得、
両手を広げ雄たけびを上げ、日本中の感動を呼んだ。
その後`96年アトランタ五輪では銀メダルを獲得。00年4月に現役引退。

その後、人の夢の後押しをする指導者の道に魅せられ、「指導者・古賀稔彦」として
全日本女子柔道チーム強化コーチを務めるかたわら、03年4月からは子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を開塾。

04年のアテネ五輪では、金メダルを獲得した谷本歩実のコーチとしても脚光を浴び、
愛弟子を称えた抱擁のシーンは感動を呼んだ。また、各地で講演を積極的に行い、
目標を持つ素晴らしさとそれを達成する心のあり方を明快に伝えている。
07年4月からは、IPU環太平洋大学の女子柔道部総監督に就任。
08年、日本健康医療専門学校 校長に就任。
全日本柔道連盟女子強化委員、東京オリンピック基本構想懇談会委員を歴任。
2010年10月31日に兵庫・ベイコム総合体育館で行われた柔道の全日本学生体重別団体優勝大会では、総監督を務める岡山県の環太平洋大女子チームが決勝で帝京
大を4-2で下した。創部4年目という短い期間で初優勝を果たし、チームを日本一に導いた。
また、柔道の指導者として、子供たちや選手たち、一人一人にとって本当に必要なものを伝え・教え・サポートしていきたいと思いから、医学の勉強を決心し、
2008年4月より弘前大学大学院医学研究科博士課程に入学。
2012年3月同大学を卒業し、医学博士号を取得する。

講演テーマ

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678