宇津木妙子 うつぎたえこ

略歴

日立&ルネサス高崎女子ソフトボール部総監督。中学からソフトボールを始め、ユニチカで13年間内野手として活躍。昭和49年世界選手権代表。60年引退。のちジュニア日本代表のコーチを経て、日立高崎(現・日立&ルネサス高崎)女子ソフトボール部監督となり、全日本総合選手権で5度優勝、日本リーグ5度優勝。平成9年女子日本代表監督。12年シドニー五輪銀メダル、16年アテネ五輪銅メダルに導く。17年世界女子ソフト殿堂入りを果たす。

講演テーマ

著書・出版物

『宇津木魂 女子ソフトはなぜ金メダルが獲れたのか』文藝春秋 (2008/10/16)

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678