山本昌 やまもとまさ

誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。
プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフランチャイズプレイヤーでもある山本昌が自身の経験から1つの場所で
1つのことをやり続ける力。
またそこで結果を残し続けることの難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話し致します。

 

 

職業/現職 スポーツコメンテーター
肩書/役職 元・プロ野球選手
生年月日 1965年
出身地 神奈川県

略歴

1987年 日本大学藤沢高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。
2006年 史上最年長の41歳1ヶ月と5日でのノーヒットノーランを達成。
2015年 9月26日現役引退を表明。10月7日のシーズン最終戦、広島戦にて史上最年長先発、登板を果たし数々の史上最年長記録を打ち立てた現役生活に別れを告げた。

1984年に入団して以来、32年間中日ドラゴンズ一筋で活躍したフランチャイズプレイヤー。
プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、数々の最年長記録を樹立している。
3度最多勝に輝き、94年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長でのノーヒットノーラン、08年には通算200勝を史上最年長で達成した。またプロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録しており、また40歳以降でも46勝を挙げた「中年の星」、「レジェンド」として記録にも記憶にも残る名投手として知られる。
2015年9月26日ブログで引退を発表した。
10月7日のシーズン最終戦で広島戦に先発し、先頭打者をセカンドゴロに打ち取り、現役最後の登板を終え32年に渡る現役生活に終止符を打った。

講演テーマ

誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフランチャイズプレイヤーでもある山本昌が自身の経験から1つ場所で1つのことをやり続ける力。またそこで結果を残し続けることの難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話し致します。
50歳までプロ野球選手として活躍した山本昌も一朝一夕で大成されたわけではありません。
若い頃、結果が残せず背水の陣で挑んだアメリカ留学、そこで出会った最大の恩師。そしてそこで学んだ基本の技術を徹底する大切さなど、その若い頃からの努力の積み重ねや多くの人との出会いがあってこそ今日の姿があるのです。
またラジコンレースなど自分の大好きな事をやりながらも、プロの世界でしっかりと結果を残し続けてきた自身の経験をもとに今の自分が未来の自分を作る、その大切さを自身の経験から未来ある若者に向けてお話し致します。
自身は中学時代補欠、プロへ入る際も下位指名。
自身の才能が劣っていたり、ケガをしていたり、どのような状況でも、ネガティブな言葉を発さずに、自分ができる事をコツコツと努力して、一つ一つ課題を解決して成長してきた。
「努力の天才」、山本昌のストーリーをお伝えします。

著書・出版物

『133キロ怪速球』(2009年5月:ベースボール・マガジン社)
『継続する心』(2013年1月:青志社)
『悪あがき』(2013年3月:ベストセラーズ)
『進化』(山崎武司と共著、2013年4月:あさ出版)
『覚悟を決める心:山本昌語録』(2015年7月:青志社)

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678