福井栄一 ふくいいえいち

とにかく面白い!! ひつとのワードから広がるはなしは無限大!!

旺盛なサービス精神にも脱帽です。

 

職業/現職 上方文化評論家
出身地 大阪府吹田市出身

略歴

京都大学法学部卒業。京都大学大学院法学研究科修了。法学修士。四条畷学園大学 看護学部 客員教授。京都ノートルダム女子大学 人間文化学部 非常勤講師。関西大学 社会学部 非常勤講師。大阪エンタテインメントデザイン専門学校 特別講師。ヒトと動物の関係学会 会員。日本ことわざ文化学会 会員。

世界初の「上方文化評論家」として、著書『上方学』(PHP文庫)を刊行し、「上方学」を創始。
上方舞・地歌を中心とする上方の芸能・歴史文化に関する評論を手がけ、各地で上方文化に関する講演やテレビ・ラジオ出演などを精力的におこない、その独特の「福井節」が人気を博している。
剣道2段。

講演テーマ

銀行員から、世界初の「上方文化評論家」へ。
この劇的な転身のきっかけとなったのは、ある日、偶然に目にした舞踊の舞台であった。現在進行形で夢を追い続ける評論家の軌跡を、鮮やかに語り、迷える人々の背中をうしろからポンと押してさしあげます。
上方の地は、長い歴史を通して豊かな「笑い」の文化をはぐくんできました。
それは、演芸(いわゆる「お笑い」)に尽きるものではなく、しゃれことば、謎かけ、回文、狂歌・川柳などなど、じつに多彩で心憎いばかりです。
本講演では、それらの実例を楽しくご紹介しながら、上方の「笑い」の奥深さとそれが現代社会へ発するメッセージを読み解きます。
平安朝の闇の世界に君臨した、稀代の陰陽師安倍晴明。
没後一千余年を経て、いまだ私たちを驚嘆させてやまない予知能力、透視能力、呪詛力の源泉とは?
陰陽道の基本原理、各地にのこる晴明伝説、ゆかりの寺社などを、こってりとご紹介します。
これほど高い知名度がありながら、これほど実像がはっきりしない歴史的人物も珍しい。貴公子たちとの恋愛に明け暮れた前半生、一転して落魄し、老醜をさらしたと言われる後半生。その振幅の大きさを赤裸々に語ります。
日本人は、長い歴史を通じて、豊かな笑いの文化をはぐくみ、慈しんできました。しゃれことば、問答、回文、川柳、狂歌などなど、さまざまな笑いの具体例を、クイズ形式で聴衆と解き進めてゆくユニークな講演。アタマとココロのコリが、いっぺんにほぐれますよ。

著書・出版物

■主な著書
「羊が一匹、羊が二匹 ぐっすり眠れる羊のはなし」 技報堂出版(2014.12)
「馬耳東風では済まないはなし」 技報堂出版(2013.12)
「イノシシは転ばない 猪突猛進の文化史」
「犬山鳴動してネズミ100匹 要チュー意動物の博物誌」
「悟りの牛の見つけかた ~十牛図にみる関東と関西~
「虎の目にも涙 ~44人の虎ばなし~」
「説話をつれて 京都古典漫歩」 その他多数

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678