鈴木明子 すずきあきこ

大学時代には摂食障害になり、苦悩の日々。
しかし、自分の夢を信じ続け、ハードルを乗り越え、世界で戦える体を再び手に入れました。
オリンピックで2度入賞、スケート界では異例と言える28歳にして全日本選手権で優勝する事が出来たのもこの大学時代の経験があったから。
強い自分も弱い自分も素直に受け入れ、ひとつひとつ、少しずつクリアしていく事の大切さをお話します。

職業/現職 プロフィギュアスケーター
生年月日 1985年3月28日
出身地 愛知県豊橋市

略歴

6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位となり注目を集める。
10代後半は体調を崩し、大会に出られない時期もあったが、2004年に見事復帰。
2006-2007ユニバーシアード冬季大会で優勝。2009-2010グランプリシリーズ(中国)初優勝。
世界のトップ選手の仲間入りを果たす。
同年グランプリファイナルでは3位、全日本選手権では2位となり、念願のバンクーバーオリンピック代表の座を勝ち取った。
バンクーバーオリンピックは、8位入賞。多くの感動を生んだ。
2012世界選手権では、銅メダルを獲得。27歳での世界選手権メダル獲得は、日本最年長となった。
同年の世界国別対抗戦では、日本チームを引っ張り優勝。
ソチオリンピック代表選考を兼ねた2013-2014全日本選手権では、会心の演技で13回目にして初優勝。
2度目のオリンピックの切符をつかんだ。
そして臨んだソチオリンピック。初めて正式種目となった団体では、日本のキャプテンとして出場(5位)。
個人戦では、オリンピック2大会連続の8位入賞を果たした。

講演テーマ

私は決して器用な方ではありません。
でも、少しずつ前に進んでいれば、きっと目標に手が届く。
そう信じて競技者生活を続けてきました。
大学時代には摂食障害になり、体重は32kgまで落ちました。
苦悩の日々を送りながらも、「スケートが大好き」 その気持ちは変わりませんでした。
「もうスケートをする事は無理だろう」という人も周りにはいました。
しかし、自分の夢を信じ続け、ハードルを乗り越え、世界で戦える体を再び手に入れました。
オリンピックで2度入賞、スケート界では異例と言える28歳にして全日本選手権で優勝する事が出来たのもこの大学時代の経験があったからだと思います。
強い自分も弱い自分も素直に受け入れ、ひとつひとつ、少しずつクリアしていく事の大切さをお話できればと思います。

著書・出版物

「ひとつひとつ。少しずつ。」/KADOKAWA
「壁はきっと越えられる~夢をかなえる晩成力」/ プレジデント社
「笑顔が未来をつくる」/岩波書店

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678