講師を探す

初めての方へ 講師派遣の流れやご利用方法についてご説明いたします。
よくある御質問 他にも疑問点がございましたらお気軽にお問合わせください。

にしゃんたにしゃんた

職業/現職 タレント
肩書/役職 羽衣国際大学 教授
生年月日 1969年7月18日
出身地 スリランカ キャンディー市(世界遺産)

略歴

高校生だった87年にボーイスカウトで初来日。その翌年に留学のため再来日をし、立命館大学に入学。新聞奨学生をしながら大学在学中に全日本空手道連盟公認四段・全国空手道連盟公認指導員を取得したほか、多数の弁論大会に出場し優勝する。大学卒業後、大学院に進み、経済学の博士号を取得。
現在は京都に在住し、羽衣国際大学で教鞭をとる傍ら、テレビ・ラジオ出演、講演会や執筆活動などを行っている。
2005年日本国籍取得。08年日本女性と結婚、一男一女の父。

<主な出演番組>
MX 「モーニングCROSS」(月~金 7:00~8:30)

CX 「ペケ×ポン」
TX 「日経スペシャル 未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」
BSジャパン「アジアンタイムズ」
EX 「Qさま!!」
TBS「Nスタ」
CX 「Mr.サンデー」
NHK「クローズアップ現代」
KBS京都 「京都ふらり~」  など

講演テーマ

「違い」と「変化」の中で生きている私たち。「違い」を排除するでも、区別するでもなく、受け入れるためにはどうすれば良いのか。「違い」は否定するべきことでしょうか?肯定的に捉えることで学び、成長、進化、に繋がっていきます。違いを受け入れて力に変える新”時代を迎えましょう。
あの人は話が通じない。そう思ったことはありませんか?それは立場や視点の違いが原因となって通じ合えないのかもしれません。
地域活性化も同じです。外国人観光客の誘致を、地域振興の起爆剤にと考えている自治体が多いですが、どの視点で考えた誘致策でしょうか?
また、特別なことをするのではなく、本来持っている『資源=魅力』を伝えることが一番重要です。
スリランカに生まれ、日本一の観光地「京都」で長年生活をして、京都府名誉友好大使も務めているにしゃんたが、成功事例の紹介などを通して、みなさまの地域が活性するためのヒントになるような話をいたします。
同級生が、地域の仲間が、親戚が、そして仕事仲間が外国人であることが当たり前の時代。 外国人を仲間に迎え入れることによってどんな良いことが起きるのか。それぞれに「違い」があって当たり前の者同士が、日々明るく、刺激し合い、学び合える、笑顔が溢れる職場にするためには、どうしたら良いのか。会社と個人の成長のための、「違い」との正しい付き合い方とは。新時代のコミュニケーションとは。また気を付けるべきこととは。などなど外国人の仲間との関わりは、日本人同士の「違い」との正しい付き合い方を見直すキッカケにもなります。それぞれの「違い」を活かした、強く、優しく、美しく、しなやかで、豊かな職場にするためのヒントが満載。外国人の仲間を迎えることに迷っている企業様にも聞いて頂きたいお話です。
仕事上のトラブルや事故の原因は、集中力や判断力の欠如、確認不足によって起こるヒューマンエラーが4~8割を占めると言われています。その中でも、コミュニケーション不足が大きく関わっています。相手が 外国人だったら丁寧に説明するのに、日本人同士なら「言わなくてもわかる」や「あうんの呼吸」などと考えがちではないでしょうか?コミュニケーションの視点で、安全な組織作りについて考えます。

著書・出版物

『ブッダと歩く神秘の国 スリランカ』(キノブックス)2015年
『日本で知った「幸せ」の値段』(講談社) 2012年
『日本的経営は海を越えられたか!? 』(ふくろう出版)2006年5月
『外国人教授が見たニッポンの大学教育:これでいいのか経営学の教え方・学び方』,<共著>(中央経済社)2003年9月 
『留学生が愛した国・日本』(現代書館)2002年5月

他 多数

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は
講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!

大阪本部:06-6362-4181

東京支部:03-1234-5678


講師募集

Twitterタイムライン

会社概要

■本社
〒530-0055 大阪市北区野崎町6-7大阪北野ビル
【TEL】06-6362-4181(代)
■東日本本部
〒108-0014 東京都港区芝5-22-1-403
【TEL】03-5765-8261