オスマンサンコン おすまんさんこん

元駐日親善大使で、タレントで、介護ヘルパー2級の資格を持つサンコンさん。
様々な視点を持っているサンコンさんのお話は、私たちが忘れかけていることを思い出させてくれます。

職業/現職 ギニア日本交流協会顧問
生年月日 1949年3月11日
出身地 ギニア共和国(西アフリカ)

略歴

【経歴・資格】
1968年 国立コナクリ大学を卒業後、ソルボンヌ大学に国費留学し、1972年ギニア外務省に入省。同年大使館設立のための駐日親善大使として来日し、8年間大使館に勤務。1984年外務省を休職して、再来日。
介護ヘルパー2級・普通運転免許

【趣味・特技】
アウトドア・サイクリング・カラオケ・読書など。
特技として、囲碁・タイプライターの早打ち
6か国語(日本語・フランス語・英語・ギニア(スースー)語・スペイン語・イタリア語)

【芸歴】
フジテレビ「笑っていいとも」「上岡龍太郎にはだまされないぞ」
「地球まるかじり」「ダウンタウンのごっつええ感じ」「どんまいスポーツワイド」
「明石家多国籍軍」「たかじんのばぁー」など多数出演。

【CF】
「キンチョール」「宇部サイコン」「日本ポラロイド」「秋葉原電気祭り」
「ウィルソン(カー用品)転倒CF」「日清焼きそばUFO」「サンコー」
「ODA政府広告」「ダイコロ写真名刺」「マインマート」「INAX」「NTT」他。

【活動】
TV、ラジオ番組の出演・新聞、雑誌などの取材、対談・全国各地での講演活動・
日本ギニア友好協会広報官・ギニア大使館顧問・ユニセフ、個人的なボランティア活動など

【受賞】
日本とギニアの相互理解促進の功績を評価され「平成25年度外務大臣表彰」を受賞

講演テーマ

視力6.0という動物のような視力と視点で、日本と世界を見てきたオスマンサンコン。何でも見てしまうサンコンの目を通して、今の日本は何がどう問題なのか。今後の国際交流や国際貢献など世界に対する日本のあり方を問いかけ心の視力を見つけ出す。
厳しいアフリカの大地で生まれたオスマンサンコン。その大地で学んできた大いなる知恵と熱き魂。高度成長を遂げ、文化・経済大国となったニッポンが忘れた何かをアフリカの大地が教えてくれる。日本の文化はどこに・何をわすれたのか。
先進国として、自然体験の乏しい時代の日本の子ども達。生活の豊かさの中に、心の貧しさを感じる現在。もっとギニアという国、アフリカ地域を覗いてみては。ギニアの大自然の中でサンコン少年は、動物を愛し、自然と付き合い、そして家族との絆の中で、伸び伸びと元気に育ったサンコン。
そんなサンコンの体験などを通して心豊かな子供達に「生きる力」を。
アフリカの雄大な大地で生まれ育ったサンコン。とっても明るいサンコンだが、障害の認定を受けている。障害者という立場から、なぜこれほど明るく生きていけるのか?どうしたら人と上手くコミュニケーションがとれるのか。

著書・出版物

「大地の教え」(講談社)・「サガタラ」(ワニブックス)・
「視力6.0から見たニッポン」(光文社)・「サンコン少年のアフリカ物語」(講談社)
「明るく生きちゃ悪いですか?」(広美)・「母が教えた本当の人生」(たちばな出版)
「ボケは神さまがくれたプレゼント」・「たまゆら」(マガジンハウス・写真集)
「POW・WOW」(文英堂 高校教科書)・「ACORN」(新興出版社啓林館 高校教科書)

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-1234-5678