中野友加里 なかのゆかり

略歴

3歳でフィギュアスケートと出会い、24 歳で現役引退。
伊藤みどり、トーニャ・ハーディングに次ぐ、世界で3人目となるトリプルアクセルに成功。
スピンを得意とし「世界一のドーナツスピン」と国際的にも高い評価を受けた。
2010年バンクーバーオリンピックの代表を、浅田真央・鈴木明子・安藤美姫 敬称略 らと戦い、惜しくも代表の座を逃す。
同年に現役引退し、株式会社フジテレビジョンに入社。
配属された映画事業局ではアシスタントプロデューサーとして勤務。
スポーツ局へ異動後、 2014 年のソチ五輪の開催時は、番組ディレクターほか、フィギュアスケート競技各種目のレポート・解説を担当した。
また、フィギュアスケートのジャッジ審判の資格を持ち、大会において活動も行う。
2015年に結婚、現在は二児の母。
2019年3月でフジテレビを退社し、メディアでスポーツコメンテーター、講演活動等を行っている。
選手へのインタビュアーとしては、自身が選手だった経験、観点から選手の気持ちや本音を引き出す事が得意。また、子を持つ母親ならではの視点、切り口での質問等も好評。

講演テーマ

著書・出版物

『トップスケーターの流儀 中野友加里が聞く9人のリアルストーリー』(双葉社)
『トップスケーターのすごさがわかるフィギュアスケート』(ポプラ新書)

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-5765-8261