勝田吉彰 かつだよしあき

コロナウイルスへの知見でメディアに引っ張りだこの勝田先生ですが、
コロナウイルスだけではなく、他感染症や熱中症、またメンタルヘルスについてもお話いただけます。

職業/現職 関西福祉大学 教授
生年月日 1961年

略歴

臨床医を経て外務省入省。
医務官としてスーダン・フランス・セネガル・中国に合計12年間在勤。
赴任と出張あわせ24か国で海外医療の世界に生きる。
SARS渦中の中国でリスクコミュニケーションなど現地日本人社会の対応にあたる。
退官後、近畿福祉大学(現神戸医療福祉大学)教授を経て関西福祉大学教授。
理化学研究所および外資系企業にて産業医を勤める。
専門は渡航医学とメンタルヘルス。

講演テーマ

著書・出版物

「「途上国」進出の処方箋(経団連出版)」
「パンデミック症候群(エネルギーフォーラム新書)」
「ドクトル外交官世界を診る(星和書店)」

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
06-6362-4181