植田辰哉 うえたたつや

熱い情熱と緻密な計画で北京五輪出場に導いた

リーダーシップとマネジメント力について語る

 

職業/現職 日本バレーボール協会強化委員会副委員長
生年月日 1964年
出身地 香川県

略歴

名門・大阪商大附属高にバレー留学し、全国高校選抜などで活躍。大阪商大では、85年神戸ユニバーシアードで金メダル獲得。バルセロナ五輪では日本代表主将を務め6位入賞。新日鉄(現・堺ブレイザーズ)入社後は日本リーグ(現・プレミアリーグ)で5回のリーグ制覇をはじめ、スパイク賞3回、ブロック賞など受賞。コーチ兼任を経て、引退後、堺ブレイザーズ監督、全日本男子ジュニア、全日本男子の監督兼任を経て、05年正式に全日本男子監督に就任。1年目でアジア選手権制覇。07年ワールドカップ9位。08年北京五輪最終予選で16年ぶりの五輪出場を決めた。

講演テーマ

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-5765-8261