池田清彦 いけだきよひこ

専門の生物学分野のみならず、科学哲学、環境問題、

生き方論など、幅広い分野に関する60冊以上の著書を

持つ。新聞、雑誌、テレビなどでも活躍している。
現在、週刊朝日に「池田教授の机上の放論」を連載中の

ほか、フジテレビ系「ホンマでっか!?TV」にも出演中。

 

 

職業/現職 生物学者・早稲田大学名誉教授
肩書/役職 山梨大学名誉教授
生年月日 1947年
出身地 東京都

略歴

東京教育大学理学部生物学科卒、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。
山梨大学教育人間科学部教授、早稲田大学国際教養学部教授を経て、現在、早稲田大学名誉教授、山梨大学名誉教授


1980年代半ば、柴谷篤弘とともに構造主義生物学を始め、1990年構造主義科学論を構築する。
専門の生物学、科学論の著書、論文以外でも,リバータリアンの立場から、さまざまなことに意見を表明し,刊行された本は単著だけでも40-50冊。
現在は『プレジデント ファミリー』誌に「池田教授のエコロジ評」というコラムを連載している。
4月からは『週刊朝日』にしばらくの間コラムを連載する予定。

講演テーマ

著書・出版物

『構造主義生物学とは何か』、『構造主義科学論の冒険』、『「進化論」を書き換える』、『やがて消えゆく我が身なら』、『新しい環境問題の教科書』、『すこしの努力で「できる子」を作る』『38億年 生物進化の旅』(新潮社)など。

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-5765-8261