米山公啓 よねやまきみひろ

作家と医師の二足のわらじ ココロが疲れたと感じたら…

 

職業/現職 作家、医師(医学博士)
生年月日 1952年5月10日
出身地 山梨県甲府市

略歴

聖マリアンナ大学医学部卒業、超音波を使った脳血流量の測定や、血圧変動からみた自立神経機能の評価などを研究。老人医療・痴呆問題にも取り組む。
外勤先の天本病院(東京都多摩市)にて在宅医療にも10年以上参加 健康管理部に於いて、ニコチンガムを使った禁煙教室を実施した。
聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を1998年2月に退職。
本格的な著作活動を開始。現在も週に2日、父親の診療所(米山医院)で診療を続けている。

執筆活動:
1990年に看護雑誌(エキスパートナース)にエッセイの連載を始めたのをきっかけに、現在では医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書などを手がける。
年間10冊以上のペースで書き続けている。現在までに160冊以上を上梓。

その他:
講演会、テレビ・ラジオ出演、世界中の客船を取材している。
大型の客船に乗って、カリブ海、アラスカ、地中海などを、クルーズしてエッセイとして 隔月刊雑誌「クルーズ」に書いている。
NHKのハイビジョンで「アラスカクルーズ」に旅人として出演。

役職:
日本老年学会評議員
日本脳卒中学会評議員
日本ブレインヘルス協会理事
推理作家協会会員

講演テーマ

著書・出版物

主な著書:
医学ミステリー:『エア・ホスピタル』(講談社)、『記憶-メモリーズ』(徳間書店)、『神の昏き密室』(幻冬舎)、『ロックド・イン症候群』(学陽書房、幻冬舎文庫)(フジテレビドラマ化)、『臓器提供者ドナー』『隠された病歴』『マリグナントー悪性』(双葉社)、『沈黙野』(講談社)、『誤診』(小学館)
医学実用書:『脳が若返る30の方法』(中経出版)、『健康という病』(集英社新書)、 『脳が若返るメモする習慣』(中経出版)
エッセイ:『医者の半熟卵』『医者の健診初体験』(集英社文庫)、『持たない!生き方』(大和書房)、『医者がぼけた母親を介護するとき』(集英社文庫)、『医学は科学ではない』(ちくま新書)
など著書多数

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-5765-8261