長尾修志 ながおしゅうじ

職業/現職 (株)ベルミューズ/代表取締役
肩書/役職 元えびす屋人力車俥夫
出身地 広島県三次市

略歴

金子みすゞの詩に作曲し歌い語るシンガーソングライター「ちひろ」の総合マネジメントを行う、株式会社ベルミューズ代表取締役。

前職として、京都嵐山を總本店とし全国10店舗を展開する観光人力車業「えびす屋」の門司店(現関門店)に俥夫(しゃふ)として勤務した経験を持つ。
「人生の最期にもう一度門司港を」と、門司を訪れ、人力車に乗車した方々の生きざまに触れ、その心を書き留めたいという想いで日記に綴っていた。
それが『魂の人力車-門司港 つなぐ命と受け継ぐ命-』として叢文社から2011年に企画出版され、日本図書館協会選定図書に選ばれる。
その内容は世代を超えて反響を呼び、各地で講演活動を行っている。

また門司港に集う学生たちがきっかけとなり、児童自立支援施設で臨時職員として勤務したこともある。


●経歴
  1978年  広島県三次市に生まれる
  2002年  九州共立大学経済学部経済学科卒業
  2002年  大学卒業と同時にアメリカ合衆国ワシントン州タコマに留学
  2004年  えびす屋門司店(現関門店)に俥夫として勤務
  2009年  児童自立支援施設にて臨時職員として半年間勤務
  2009年  ちひろさうんど(現ベルミューズ)のマネージャーとなる
  2011年  『魂の人力車 -門司港 つなぐ命と受け継ぐ命-』出版
         日本図書館協会選定図書に選ばれる
  2016年  (株)ベルミューズ設立 代表取締役に就任

講演テーマ

・多くの人と仲良くなれる方法をある小学生が教えてくれた、それは「自分からかける挨拶」だった。
・戦時中、南方に向けて約200万人もの将兵が旅立った門司港。
 フィリピン戦から帰還された元陸軍中尉が自分へ遺した最期の言葉「これで安心して往けます。」その言葉に託された想いとは。
朝は中学生、夕方は高校生、夜は暴走族と、荒れた学生たちの溜まり場となった観光地を、如何にして守り、取り戻したか。
それはある家族との出逢いがきっかけだった。
そして学生たちとの握手の真意は!
16年間、公演活動で全国を回るシンガーソングライターちひろ。
その公演の95%以上は「ちひろさんを我が街に呼びたい!」というオファーである。
いかにして地方山口県を拠点に活動を続けていられるか、その背景は「10の心がけ」にあった!

感動を呼ぶ講演会・研修会・イベントの成否は講師の人選で決まります!
セミナーにあった講師の人選は私たちにおまかせください!

まずは無料相談をご利用ください!
西日本06-6362-4181
東日本03-5765-8261